【埼玉学園大学研究叢書】(第6巻)志村聡子著『一九三〇年代日本における家庭教育振興の思想』

【サブタイトル】
「教育する母親」を問題化した人々

【内 容】
都市新中間層の「教育する母親」は、なぜ問題とされたのか。「家庭教育振興政策」が展開されるなか、問題化された母親たちを指導しようと試みた、倉橋惣三、青木誠四郎、上村哲弥の「家庭教育の思想」を明らかにする。

【出版情報】
ISBN:978-4-88303-322-5
体裁:A5判 279p
定価:3,990円(税込)
発行:2012年10月31日

♣ 志村 聡子

人間学部 子ども発達学科 准教授
《博士(教育学)》

一般図書
[請求記号:379.9/S]

Comments are closed.

© 2016-2019 Information Media Center, Saitama Gakuen University, Kawaguchi Junior College. All rights reserved.