貸出・返却

資料の貸出・返却に関するQ&Aをまとめました。

本を借りたいのですが、どうしたらよいですか?

借りたい資料を学生証(利用者カード)と共に、情報メディアセンターのカウンターへお出し下さい。

何冊まで借りられますか?

通常、大学生・短大生は5冊(卒論登録者は10冊)、大学院生・教職員は10冊です。
学外の方は5冊です。
ただし、長期貸出や特別貸出などが適用される場合はこの限りではありません。
詳しくは「蔵書の利用について」をご覧ください。(新しいウインドウが開きます。)

新聞や雑誌を借りたいのですが、借りられますか?

新聞や雑誌の貸し出しは行っていません。センター内でご利用下さい。
ただし、大学院生及び教職員の方は、当日返却での貸出が可能です。

今借りている本の貸出を延長したいのですが?

返却期限内にOPACまたはカウンターで手続きをしてください。
その本に予約が入っていない、長期貸出と連動していない等の条件をクリアしている場合、1回だけ延長することができます。
詳しくは「OPAC利用ガイド<利用者サービス(ログインメニュー)編>」(PDF)をご覧ください。

▲ページの先頭へ戻る


自分が借りている本を友人に貸してもいいですか?

自分が借りている本を他人に貸す「また貸し」という行為は、禁止しています。
一度カウンターで返却してから、その友人が自分で借りるようにして下さい。
もし「また貸し」した相手が資料を延滞・紛失した場合、貸出データ上その資料を借りている人が、貸出停止や弁償の責任を負うことになります。


借りた本はどこへ返せばいいですか?

情報メディアセンターのカウンターへお返し下さい。
閉館中は情報メディアセンター入口のブックポストに入れてください。
カウンターを通さず直接書架に戻してしまうと、貸出記録が残ったままとなり、返していないことになってしまいますのでご注意下さい。

借りていた本を失くしてしまいました。どうすればいいですか?

すぐに情報メディアセンターのカウンターへ申し出て下さい。
今後の対応を指示しますので、自己判断で本を買ってきたりしないようにしてください。

実習に行くのですが、いつもよりも長く借りることはできますか?

【実習貸出制度】があります。
実習開始日の1週間前から貸出しが可能です。
返却は、実習最終日から1週間以内の好きな日に指定できます。
手続きは、貸出しの時に「実習貸出しをお願いします」と言ってください。
実習一覧と照合して貸出を行います。

卒論に使う資料なのですが、長く借りられますか?

【卒論準備貸出】制度があります。
卒論提出対象の大学4年生、短大2年生は、10冊、30日間借りられます。
教務課より情報をもらっていますので、卒論準備貸出となります。
ただし、延長はできませんので気をつけてください。
 「卒論で使っていたから」と言って、返却期限を過ぎたことを正当化する方がいますが、卒論資料といえども、返却期限を守らなくて良いということはありません!返却期限は必ず守ってください!!

© 2016-2019 Information Media Center, Saitama Gakuen University, Kawaguchi Junior College. All rights reserved.