ぽんぽん・つんつん・なでなで・ぎゅっ…「ホイミ」に代わる癒しの呪文とは?

『手の治癒力』

山口創著
草思社(2018年)


♣♣♣

小さい頃、家族へのプレゼントとして、「肩たたき券」を贈った経験はおありでしょうか。
多くの場合、肩たたき券は思い出の品として使われることはありませんが、時たま、不格好な字で書かれたその券が使われることがあります。頼まれた子どもは、「めんどくさーい」とか「あと何分で終わり?」とか、最初は文句を言いながら始めますが、やってみるとそれなりにふれあいを楽しんでいるように思います。

子どもと大人のふれあいという点では、「いたいのいたいの、とんでけー」という行為も、しばしば見かけます。この時、たいていは大人が子どもの痛がっているところに手を当てて、あたかも痛みを遠くへ放り投げるかのような動きをします。効果のほどはわかりませんが、今日のような科学や医療が進歩した時代において、私たちがしばしば“魔法使い”に変身するのは、なぜなのでしょうか。

 

これに似たものとして、「手当て」という言葉があります。傷を治すときに使われますが、文字通り、痛いところに手を当てるという行為を、私たちはしばしば行います。それで傷がふさがる、すなわち“治る”わけではないのですが、痛みはほんの少しだけ和らぐ、つまり“癒える”、のかもしれません。他にも、動物をなでるのが好きという人もいれば、頭をなでられると落ち着くという人もいます。触れる、あるいは触れられるという行為が人間を癒すのは、どのような理由からなのでしょうか。

 

そんな疑問を、本書は科学的な研究成果を引用しながら、丁寧に教えてくれます。
また、どのようにマッサージをすれば大きな癒し効果を得られるのかについても、書かれています。本書を一読いただければ、触れたくなる、あるいは触れられたくなること請け合いです。
「久しぶりに、老親へ肩たたきでも…」と思い出させてくれる1冊です。


2019年12月
心理学科 専任講師 藤原健志

一般図書
[請求記号:492.79/Y]

 

 

 

© 2016-2020 Information Media Center, Saitama Gakuen University, Kawaguchi Junior College. All rights reserved.